ナイトワーク選び

2つのグラスと氷で冷やしているシャンパン

ナイトワークというのは、読んで字のごとく夜のお仕事という意味です。具体的にはキャバクラやおっパブ、ガールズバーなどのお仕事をまとめてナイトワークと呼びます。コンビニや居酒屋、事務仕事などいわゆる普通のアルバイトに比べて高い時給設定となっているので、ナイトワークは稼ぎたい女性に非常に人気が高いお仕事なのです。しかし、上記の通りナイトワークとひと口に言っても業種は様々なので、ナイトワーク初心者の女性の場合、どの業種を選べばよいのか迷ってしまう場合もあるかと思います。 そういう時には、自分の能力や求める働き方などに合う業種を選ぶようにするのが一番です。

初めてのナイトワークなら

ナイトワーク初心者で夜のお仕事に慣れていない場合は、ガールズバーがおすすめです。ガールズバーではお客さんのお酒を作ったり、時には自分もお酒を飲みながらお客さんと会話をするお仕事です。カウンター越しの接客スタイルで、男性の隣に座ってサービスすることがないため初心者でも始めやすいですし、バイト感覚でナイトワークを始めたい方にはピッタリのお仕事です。

がっつり稼ぐ×お喋り好きなら

ナイトワークでがっつり稼ぎたい、且つお喋りが好き・得意な方ならキャバクラがおすすめです。キャバクラはガールズバーと同じくお客さんのお酒を作ったり会話をしたりしますが、カウンター越しではなくソファーで隣同士に座るのが特徴です。営業目標もあるため、会話でお客さんを虜にして、指名してもらったりドリンクを頼んでもらったりしてお店の売り上げを伸ばすスキルが必要となります。その分時給はガールズバーよりも高く設定されており、キャバクラのお仕事が上手くはまる人にとってはかなり稼げるお仕事です。

がっつり稼ぐ×お喋りが苦手なら

「稼げるキャバクラのお仕事が気になるけど、お喋りは得意じゃないし営業目標があるのも不安」という女性は少なくないでしょう。そういう方にはおっパブのお仕事をおすすめします。おっパブでもお客さんと会話はしますが、お喋りの内容よりもスキンシップのサービスでどれだけ満足させられるかが重要になります。お客さんに胸を触られるのでバストの大きい女性はそれだけで有利ですし、会話に困っても、キスをしたり抱き合ったりしていればあっという間に時間が過ぎるので、キャバクラほど会話の内容に気を使う必要もありません。また、キャバクラのような営業目標がないため、お客さんに必死に連絡する必要もなく、自分のペースで稼げるのもうれしいポイントです。時給はかなり高いので、少しでも多く稼ぎたい女性におすすめです。